京都時空旅行(Space-time travel photo in Kyoto)

六道珍皇寺

六道の辻
六道の辻の近くには、冥界に関わる伝説や逸話が残されています。
ここ、六道珍皇寺もそのひとつ。


六道の辻
ここには、平安時代の歌人であった小野篁(おののたかむら)の不思議な伝説が残っています。

六道の辻
わたの原 八十島かけて 漕ぎ出でぬと 人には告げよ 海人の釣舟

百人一首にも選ばれた小野篁の詩です。

六道の辻
小野篁に纏わる伝説とは、

六道の辻
大和朝廷に仕えながら、夜は地獄の閻魔大王の下で働いていたという・・・

六道の辻
地獄へ行く方法は・・・

六道の辻
本堂の裏にある井戸があの世への入口になっていて、
夜な夜な、ここから地獄へ通っていたそうです。
この井戸を、冥土通いの井戸と呼んでいるとのこと。

六道の辻
そして、この鐘は冥界までその音が届くそうで、
お盆の時にこの鐘をついて、先祖の精霊をお迎えするのです。

夏のお盆には大勢の人で混雑するこのお寺ですが、
年始には訪れる人も少なく、静寂そのものでした。

テーマ:■京都を撮る■ - ジャンル:写真

  1. 2013/01/28(月) 08:27:03|
  2. 洛東
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<下鴨神社 | ホーム | 六道の辻>>

コメント

冬の京都は寒さが厳しいですが、「ひとり」を実感できる空気が好きです。
仏様と向き合えるような気持ちになれます。
有名な寺院でもすいている。久しぶりに訪ねてみようかなと思いました。
  1. URL |
  2. 2013/01/28(月) 23:00:26 |
  3. 富士の流れ星 #-
  4. [ 編集 ]

お正月の後は、人出が少なくなって祭りのあとのような少し寂しい雰囲気です。ほんとの京都好きにはたまらない季節の到来なんですけど。但し、風邪をひきやすいので暖かくしてお出かけください。
  1. URL |
  2. 2013/01/29(火) 22:15:05 |
  3. hioing #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://hohaka.blog73.fc2.com/tb.php/909-e5a81788
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

 ひおいん(hioing)

Author: ひおいん(hioing)
小学生の頃OLYMPUS PenでSL写真デビュー。今NikonD90&D800E&LeicaQに持ち替えて京都を始めとして日本の各地へ。時空旅行をしているみたいで楽しいです。季節感のある色や形を写真で紹介するブログです。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (11)
動物 (17)
洛東 (233)
洛中 (396)
洛南 (107)
洛西 (267)
洛北 (219)
ラグビー (2)
愛知・岐阜 (82)
奈良 (7)
滋賀 (11)
岡山 (48)
静岡 (20)
和菓子 (7)
長野 (6)
広島 (4)
香川 (3)
東京 (6)
神奈川 (4)

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード