京都時空旅行(Space-time travel photo in Kyoto)

墨染寺

墨染寺
別名「桜寺」


墨染寺
近所の方々が桜の咲き具合を見に来て、
井戸端会議に花を咲かせていらっしゃいました。

墨染寺
「立正安国」といえば、日蓮上人

墨染寺
厚い雲の間から青空が見え始め、さっと太陽の光が降ってきました。

墨染寺
狭い境内には、ソメイヨシノと墨染桜(すみぞめさくら)

墨染寺
今から約1100年程前の平安時代。公卿の藤原基経がこの地に葬られた。

墨染寺
友の死を悼んだ上野岑雄(かんつけのみねおあそん)は、
寺に咲く桜花に向かって、詩を一句詠んだ。

墨染寺
「深草の 野辺の桜し 心あらば 今年ばかりは 墨染に咲け」

墨染寺
すると、桜の花は墨染めの色になり、その後は墨染色で咲くようになったという。

墨染寺
桜を眺めていると、それは日本人のDNAに入り込んでいる花なので、
古来からの様々な人々の気持ちや感情が蘇って来るようです。

テーマ:■京都を撮る■ - ジャンル:写真

  1. 2012/04/21(土) 20:49:08|
  2. 洛南
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<霊鑑寺 春の特別公開 その1 | ホーム | 哲学の道 桜咲き始め>>

コメント

写真から、悠久の時の流れを感じました。
桜は、
時によって、
自分の気持ちによって、
不思議と見え方が変わるように思います。
  1. URL |
  2. 2012/04/22(日) 18:15:09 |
  3. 富士の流れ星 #-
  4. [ 編集 ]

日本の長い歴史の中で、良くも悪くも精神的に刻み込まれた特別の花ですよねー。
毎年、開花情報に接すると、なんだか気持ちがザワザワしてしまいます。

  1. URL |
  2. 2012/04/22(日) 22:59:03 |
  3. ひおいん #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://hohaka.blog73.fc2.com/tb.php/722-d7b1a2f1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

 ひおいん(hioing)

Author: ひおいん(hioing)
小学生の頃OLYMPUS PenでSL写真デビュー。今NikonD90&D800E&LeicaQに持ち替えて京都を始めとして日本の各地へ。時空旅行をしているみたいで楽しいです。季節感のある色や形を写真で紹介するブログです。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (11)
動物 (17)
洛東 (232)
洛中 (385)
洛南 (107)
洛西 (253)
洛北 (219)
ラグビー (2)
愛知・岐阜 (82)
奈良 (7)
滋賀 (11)
岡山 (48)
静岡 (20)
和菓子 (7)
長野 (6)
広島 (4)
香川 (3)
東京 (6)
神奈川 (4)

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード