FC2ブログ

京都時空旅行(Space-time travel photo in Kyoto)

五山の送り火 前編 8/15

右大文字
2011年8月15日撮影

銀閣寺の門前で、右大文字の護摩木の受付をしていました。
家族の分とそれからもうひとつ護摩木を買って、それぞれ
筆と墨で書き込んでから明日の送り火と一緒に燃やして
もらえるように、保存会の方に渡しました。


右大文字
炎天下の下にテントを張って、中では右大文字保存会の方々が
汗だくになりながら対応に追われていました。


この度、東北の松の木を燃やす燃やさないで大いに物議を醸しましたが、
もし放射能の問題が全く無くて予定通り実現されたとしたら、京都と
しては送り火の趣旨に合うし、できることをやったということになるんだろうが、
果たして、本当に、悲しんでいる人、苦しんでいる人のためになったのか。

宗教が人間を救う為には、一人一人の悲しみに対してそれぞれ向き合うこと
が求められる時代にあって、特定の宗教儀式であればまだしも、東北から見て
よそ者である一つの地方都市の一般的な文化や観光行事の観点では、個々の
悲しみや苦悩の解決にはならないと感じるのだが。どうかなー。

右大文字
護摩木を3本・・・いや、4本下さい。

右大文字
今夏、私の中学校の恩師が亡くなったので、一本の木には先生の氏名を
記入して納めさせて頂きました。良い先生でした。ご冥福をお祈り致します。

ちなみに、私は、お盆には自分の先祖や親しかった人々をより身近に
感じることができ、送り火を見ると寂しさよりも親しみを覚えます。

しかし、そう言えるのは、東北大震災で被災された方々の深い深い深い悲しみを
今の私が経験していないからに他ならず。他人の気持ちになって考えることは
難しいけれど、人間にしかできないことですから、今回のことをきっかけにして
京都も私もこれから考えていけばいいのだと思います。




テーマ:■京都を撮る■ - ジャンル:写真

  1. 2011/08/19(金) 00:25:55|
  2. 京都 洛東
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<五山の送り火 後編 8/16 | ホーム | 花背の「松上げ」>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://hohaka.blog73.fc2.com/tb.php/561-12ddf602
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

 ひおいん(hioing)

Author: ひおいん(hioing)
小学生の頃OLYMPUS PenでSL写真デビュー。今NikonD500&D800E&LeicaQに持ち替えて京都を始めとして日本の各地へ。時空旅行をしているみたいで楽しいです。季節感のある色や形を写真で紹介するブログです。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (13)
動物 (17)
京都 洛東 (293)
京都 洛中 (501)
京都 洛南 (165)
京都 洛西 (327)
京都 洛北 (247)
ラグビー (2)
愛知・岐阜 (100)
奈良 (7)
滋賀 (11)
岡山 (48)
静岡 (20)
和菓子 (7)
長野 (6)
広島 (4)
香川 (3)
東京 (7)
神奈川 (4)
三重 (4)

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード