FC2ブログ

京都時空旅行(Space-time travel photo in Kyoto)

芬陀院(雪舟寺)

芬陀院(雪舟寺)
太陽が照り始めると、
雪が解け出しました。

石で組んだ亀が、
今にも動き出しそうです。




芬陀院(雪舟寺)
東福寺の塔頭、芬陀院(雪舟寺)です。

芬陀院(雪舟寺)
大玄関と唐門は、
御所から移築されたもの。

芬陀院(雪舟寺)
水墨画家「雪舟」作の庭。

芬陀院(雪舟寺)
雪舟は、備中(現在の岡山県)に生まれ、

芬陀院(雪舟寺)
幼くして井山宝福寺(総社市)で
禅の修行をしました。

芬陀院(雪舟寺)
その時、水墨画を教わり、
絵に熱中しすぎたために

芬陀院(雪舟寺)
修行を怠けているとして、
和尚さんの怒りを買い、

芬陀院(雪舟寺)
戒めの為、本堂の柱に
縛り付けられてしまいました。

芬陀院(雪舟寺)
しばらくして、可哀想に思った和尚が
本堂を覗くと、大きなネズミが雪舟を
襲おうとしているではありませんか!

芬陀院(雪舟寺)
しかし、それは雪舟が足を使って
涙で描いたネズミでした。

2019 01 27_東福寺塔頭他_7932
それほど生き生きした絵を描いていたのです。

芬陀院(雪舟寺)
壮年期に明に渡って栄元画を学び、
帰国してからは、各地を旅しながら
水墨画を描きました。

芬陀院(雪舟寺)
以前、京都国立博物館で、
代表作の「天橋立図」(国宝)が
展示されていましたが、

芬陀院(雪舟寺)
絶景をそのままに絶景として描いたというような、
壮大な広がりのある感じで自然の美しさと迫力が
そのまま表現されていて、しばらく見惚れました。

ここの鶴亀の庭はさほど広くはありませんが、
亀が動き出し、悠々と海を渡り中国に渡った
雪舟に通じる広がりを感じさせてくれます。

しばらくまったりできる良いお寺でした。



テーマ:史跡・神社・仏閣 - ジャンル:写真

  1. 2019/03/24(日) 16:01:32|
  2. 京都 洛南
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<相国寺塔頭 慈照院 | ホーム | 東福寺塔頭 光明院の波心庭>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://hohaka.blog73.fc2.com/tb.php/1617-e039e1bd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

 ひおいん(hioing)

Author: ひおいん(hioing)
小学生の頃OLYMPUS PenでSL写真デビュー。今NikonD500&D800E&LeicaQに持ち替えて京都を始めとして日本の各地へ。時空旅行をしているみたいで楽しいです。季節感のある色や形を写真で紹介するブログです。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (13)
動物 (17)
京都 洛東 (288)
京都 洛中 (499)
京都 洛南 (165)
京都 洛西 (327)
京都 洛北 (245)
ラグビー (2)
愛知・岐阜 (100)
奈良 (7)
滋賀 (11)
岡山 (48)
静岡 (20)
和菓子 (7)
長野 (6)
広島 (4)
香川 (3)
東京 (7)
神奈川 (4)
三重 (4)

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード