FC2ブログ

京都時空旅行(Space-time travel photo in Kyoto)

東福寺 雪の大伽藍めぐり

東福寺
この日は冷え冷えするせいか、
未だ、伽藍に積もった雪も
雪だるまも溶けずに残っています。

正面の方丈の屋根にも、
右の庫裏の屋根にも、
雪が残っていました。

東福寺は、京都駅から南東の方角にあり、
これほど雪が積もることが珍しい場所ですし、
午前中、これほど残っているのも珍しい。



東福寺
開山堂の近く、愛染堂があります。

愛染明王を祀っていて、優美な八角堂の
建物は、南北朝時代のもの。重文です。


東福寺
通天橋を方丈の方向へ進みます。

東福寺
谷に少し降りて、見上げてみました。

東福寺
経蔵

東福寺
仏典の収納倉庫です。
真ん丸な窓の形が
禅寺っぽくていいですね。

東福寺
座禅道場である「禅堂」。
こちらの花灯窓の形が
素敵です。

東福寺
14世紀に再建された、
日本最古最大の座禅道場。

東福寺
国宝の三門です。
室町時代初期の再建物。

最古最大の門で、豊臣秀吉によって
左右のつっかえ棒が設置されました。


東福寺
本来は思遠池にかかる橋を通って、
三門をくぐって境内にはいるものですが、
それは無理なようです。

東福寺
紅梅が花をつけていました。

梅と雪の組み合わせは、
春遠からじという季節になったと
教えてくれます。


東福寺
山門のすぐ後ろに、本堂(仏殿)があります。
巨大な建物で、天井の竜の絵は堂本印象作。
明治時代に失火で焼失するも、昭和の傑作
建築として再建されました。

東福寺
雪だるまと、本堂と、その向こうに禅堂と。

東福寺
お寺の方が作られたのでしょうか?
見事な二羽の白ウサギが迎えてくれました。

この奥の、光明寶殿(こうみょうほうでん)には
三門にあった阿吽の仁王像が安置されています。

東福寺の寺宝を保存するための蔵ですが、
今年の「京の冬の旅」の特別拝観の対象に
なっていて、後日じっくりと拝見させて頂きました。
東大寺南大門の仁王像に匹敵するような、
素晴らしい迫力ある仁王像でした。


(続く)

テーマ:史跡・神社・仏閣 - ジャンル:写真

  1. 2019/03/17(日) 16:20:00|
  2. 京都 洛南
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<東福寺 方丈からの雪景色 | ホーム | 東福寺 雪の開山堂>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://hohaka.blog73.fc2.com/tb.php/1612-615e7eb0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

 ひおいん(hioing)

Author: ひおいん(hioing)
小学生の頃OLYMPUS PenでSL写真デビュー。今NikonD500&D800E&LeicaQに持ち替えて京都を始めとして日本の各地へ。時空旅行をしているみたいで楽しいです。季節感のある色や形を写真で紹介するブログです。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (13)
動物 (17)
京都 洛東 (288)
京都 洛中 (499)
京都 洛南 (165)
京都 洛西 (327)
京都 洛北 (245)
ラグビー (2)
愛知・岐阜 (100)
奈良 (7)
滋賀 (11)
岡山 (48)
静岡 (20)
和菓子 (7)
長野 (6)
広島 (4)
香川 (3)
東京 (7)
神奈川 (4)
三重 (4)

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード