FC2ブログ

京都時空旅行(Space-time travel photo in Kyoto)

阿弥陀寺 信長忌

阿弥陀寺
6月2日は織田信長の命日。

1582年、明智光秀の反乱により、
本能寺で自殺したとされています。



阿弥陀寺
6月2日の信長忌の一日間のみ
本堂の一般拝観がなされています。

阿弥陀寺
良い天気の下、大勢の人が訪れていました。

阿弥陀寺
受付時に頂いた、「阿弥陀寺由緒略記」には
本能寺の変における阿弥陀寺と織田信長の
関係が書かれていました。
以下引用します。

阿弥陀寺
「時に天正十年六月二日、明智光秀謀反の時、
清玉上人は信長公の旅館本能寺に押寄せるをきき、
塔頭の僧徒廿人余りを召し連れ本能寺に駆けつけられ、

阿弥陀寺
表門は厳重に軍兵四方を囲み寺内に入る事出来ず、
裏道より辛うじて入るが堂宇に火が放たれ、
すでに信長公が割腹せられしと聞き、

阿弥陀寺
そばの竹林に十人余の武士集まりて火を焚く者あり、
上人がこれをみるに信長の家臣なり、

阿弥陀寺
之に顛末を聞くに
信長公割腹の時必ず死骸を敵に渡すことなかれと遺言あり、
しかし四方敵兵にて死骸を抱きて遁れ去る道なし、
やむなく火葬して隠しおいて各々自殺せんと一同答えたり、

阿弥陀寺
上人信長公とは格別の由縁あるを以て
火葬は勿論将来の御追悼をもなさんとて武士に乞い、

阿弥陀寺
各々自殺するよりむしろ信長公の為に敵にあたりて死せんことを望むと語りければ、

阿弥陀寺
武士ら大いに喜び門前の敵を向うすきに
上人火葬し白骨を法衣につつみ
本能寺の僧徒らが逃げるのにまぎれこんで
苦もなく帰寺し白骨を深く土中に隠しおきたる。」

信長信忠親子の墓と伝わっています。

阿弥陀寺
森蘭丸等、家来の墓が隣に控えていました。

阿弥陀寺
本堂内には、信長一周忌に家来が作ったとされる木像が安置されていました。
直接接した家来が本能寺の変から時間をおかず作った木像なので、雰囲気が
良く出ているように思いました。

また、明智光秀討伐後、秀吉が法事執行の沙汰や分骨要求に対して、
清玉上人は法事は行ったとして断ったために、その後本寺は世に知られなくなり、
後日、秀吉が大葬儀を行った大徳寺の歴史的な意義が高まったわけです。

寺宝として、信長に関する様々な物が実存しているそうです。
観光寺院ではなく、一般公開も一年にこの日のみとのことで、
何か、織田信長を少し身近に感じることができた気がしました。

テーマ:■京都を撮る■ - ジャンル:写真

  1. 2018/07/08(日) 12:54:33|
  2. 京都 洛中
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<建仁寺 法堂 | ホーム | 本満寺>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://hohaka.blog73.fc2.com/tb.php/1521-0e98eec2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

 ひおいん(hioing)

Author: ひおいん(hioing)
小学生の頃OLYMPUS PenでSL写真デビュー。今NikonD500&D800E&LeicaQに持ち替えて京都を始めとして日本の各地へ。時空旅行をしているみたいで楽しいです。季節感のある色や形を写真で紹介するブログです。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (13)
動物 (17)
京都 洛東 (293)
京都 洛中 (501)
京都 洛南 (165)
京都 洛西 (327)
京都 洛北 (247)
ラグビー (2)
愛知・岐阜 (100)
奈良 (7)
滋賀 (11)
岡山 (48)
静岡 (20)
和菓子 (7)
長野 (6)
広島 (4)
香川 (3)
東京 (7)
神奈川 (4)
三重 (4)

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード