京都時空旅行(Space-time travel photo in Kyoto)

藤森神社 駈馬神事

藤森神社
5月5日のこどもの日に、藤森神社で開催された
駈馬神事を見に行ってきました。
古来の戦での妙技を、曲芸として競い合ったものが、
現在では藤森神社の氏子に引き継がれ、奉納神事
として続いています。
かれこれ、1200年の歴史があるそうです。

初めて見ましたが、馬の走るスピードと、
騎手の曲芸にも似た身の軽さにびっくりしました。


藤森神社
楠が茂る参道が、突如馬場に変わりました。
露店もそのままですが、馬が疾走する時は、
刺激を与えないように、明かりを全て消して、
開店休業状態になります。

藤森神社
騎手は神社の氏子さん達が務めます。
今回初めて出場するという中学生がいたりします。

藤森神社
普通、乗馬はこんな感じですが、

藤森神社
鞍に座らないで片側だけに足を掛けていたり、
((現場で放送された解説) 横乗り: 敵から姿を隠すため)

藤森神社
逆立ちしたり、
(杉立ち: 敵を嘲るため)

藤森神社
疾走する馬の上で、

藤森神社
騎手が、

藤森神社
前後の方向転換をしたり、
(逆乗り: 敵の情勢を見ながら走る)

藤森神社

藤森神社
馬と頭を並べて走ったり、
(手綱潜り: 敵の矢の降り注ぐ中を疾走するため)

藤森神社
花笠を持ったベテランの騎手の方も。
((現場での解説) 機種の方は少し太り気味)

藤森神社
またまた見事な三点倒立。

藤森神社
これは放送の解説を聞かなくてもわかりました。
敵の矢に当たったふりをしていますよねー。
(藤下がり: 敵矢に当たったとみせて駈ける技)

藤森神社
筆で何か書いています。
(一字書き: 前線から敵情を知らせるため)

藤森神社
短刀を口に咥えたり、

藤森神社
足の指で扇を挟んだり、
フィナーレではすご技を見ることができました。

今回の撮影では、馬がスタートしてからあまり間がない場所でしたので、
騎手がその技に入る動きを、つぶさに見ることができました。
そして、この辺りから10~20m程度進んだ特別席や保存会席の
すぐ横辺りでは、それぞれの技の完成形を間近に見ることができます。

藤森神社
お役目を終えてほっと一息の馬と関係者の皆さん。
本当にお疲れ様でした。

初夏の木漏れ日の中で、神社の祭りの雰囲気と、
勇ましい馬のスピードと妙技の緊張感を同時に味わう
ことができて、良い時間を過ごせました。

テーマ:■京都を撮る■ - ジャンル:写真

  1. 2015/05/06(水) 11:52:22|
  2. 洛南
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<等持院 | ホーム | 金閣寺>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://hohaka.blog73.fc2.com/tb.php/1282-e4a4f245
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

 ひおいん(hioing)

Author: ひおいん(hioing)
小学生の頃OLYMPUS PenでSL写真デビュー。今NikonD90&D800E&LeicaQに持ち替えて京都を始めとして日本の各地へ。時空旅行をしているみたいで楽しいです。季節感のある色や形を写真で紹介するブログです。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (11)
動物 (17)
洛東 (233)
洛中 (403)
洛南 (107)
洛西 (267)
洛北 (219)
ラグビー (2)
愛知・岐阜 (83)
奈良 (7)
滋賀 (11)
岡山 (48)
静岡 (20)
和菓子 (7)
長野 (6)
広島 (4)
香川 (3)
東京 (6)
神奈川 (4)

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード