京都時空旅行(Space-time travel photo in Kyoto)

伏見 寺田屋

寺田屋
船交通の要所であった伏見を代表する船宿、寺田屋。

京阪間を通う三十石船の発着地の一つである南浜に、
寺田屋浜という船着き場を持つ、大きな船宿でした。


寺田屋
近くには、竜馬通りがあって、

寺田屋
竜馬のTシャツやトートバッグ、新撰組のクリアファイルなど、
幕末ファン垂涎のグッズであふれていました。

寺田屋
シャッターには、ピストルを構える坂本龍馬と寺田屋の絵。
「寺田屋事件」として、寺田屋に潜伏した坂本龍馬を、
伏見奉行所が襲撃、と書いてあります。

寺田屋
1866年1月21日に薩長同盟を成立させた坂本龍馬は、徳川幕府から
身を隠すために、薩摩の定宿であった寺田屋に泊まっていました。

寺田屋
同年同月23日夜中、いつもの梅の間に泊まっていた龍馬は
伏見奉行所の幕吏の襲撃に会います。

寺田屋
寺田屋の一階奥にあった風呂に入っていた恋人のお龍が、
役人の姿を見つけて、階段を駆け上り、二階の梅の間にいた
龍馬に知らせますが、既に多くの捕り方が寺田屋を囲んでいました。

寺田屋
坂本龍馬は、一緒にいた長州の三吉慎蔵とともに、
ピストルや手槍で応戦しますが、如何せん多勢に無勢、
両手の指を負傷してしまいます。

寺田屋
捕り方を数名殺傷し、辛くも脱出に成功した二人は、
運河沿いを北に逃げて、木材の倉庫の二階に隠れ、
三吉慎蔵は、伏見薩摩藩邸に助けを求めに行きます。

寺田屋
薩摩藩邸は川船を出して、救助に向かい、龍馬は
九死に一生を得ることになります。
そして、薩摩藩の庇護の下で、傷を癒すため、
お龍と二人で薩摩に行きますが、これが日本初の
新婚旅行とされています。

寺田屋
この坂本龍馬の絵は、寺田屋の女将であるお登勢が、
街の画家に描かせたものだそうです。(これはその写真)

寺田屋
薩摩藩の定宿であった寺田屋は、薩摩藩の急進派を
鎮撫するために薩摩藩士同志での斬り合いになった、
所謂、寺田屋事件としても有名です。

寺田屋
寺田屋の内部は、そこらかしこにパネルや写真が
売られていて、幕末マニアにはワクワクしそうな感じ。

寺田屋
現在は、旅館として泊まることができます。

昔の船宿の名残はあまり無くて、その後、史跡として
復元された感ありありの寺田屋でした。

寺田屋
ぶらっと入った和菓子屋さんにも、坂本龍馬にあやかった
干菓子があって、お土産に一つ頂きました。とても抹茶に
合う、上品な甘さのお菓子でした。

しかし、坂本龍馬人気はすごいですよねー。


  1. 2014/05/31(土) 18:23:02|
  2. 洛南
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<徳川園 山車揃え | ホーム | 伏見 月桂冠大倉記念館>>

コメント

伏見シリーズ、とても良かったです。
伏見といえば、ラグビーくらいしか思いつかない薄学の身を
恥じるばかりです。
これは、自ら訪ねねばと思いました。
  1. URL |
  2. 2014/06/07(土) 10:39:08 |
  3. 富士の流れ星 #-
  4. [ 編集 ]

伏見は、幕末歴史ファンには興味深い場所ですねー。
お酒も美味しいので、ぜひ泊りで遊びに来てください。
  1. URL |
  2. 2014/06/08(日) 20:33:05 |
  3. hioing #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://hohaka.blog73.fc2.com/tb.php/1179-a004b3ac
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

 ひおいん(hioing)

Author: ひおいん(hioing)
小学生の頃OLYMPUS PenでSL写真デビュー。今NikonD90&D800E&LeicaQに持ち替えて京都を始めとして日本の各地へ。時空旅行をしているみたいで楽しいです。季節感のある色や形を写真で紹介するブログです。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (11)
動物 (17)
洛東 (236)
洛中 (403)
洛南 (107)
洛西 (267)
洛北 (219)
ラグビー (2)
愛知・岐阜 (87)
奈良 (7)
滋賀 (11)
岡山 (48)
静岡 (20)
和菓子 (7)
長野 (6)
広島 (4)
香川 (3)
東京 (6)
神奈川 (4)

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード