京都時空旅行(Space-time travel photo in Kyoto)

鳴虎 報恩寺

報恩寺
「京の冬の旅」で特別拝観をしている報恩寺に行ってきました。


報恩寺
報恩寺は、織田信長が上杉謙信に寄進した洛中洛外図屏風(狩野永徳作)に
「ほうおん寺」として描かれている由緒正しいお寺です。

報恩寺
現在地に移ったのは豊臣秀吉の時代。

報恩寺
その時の下知状は報恩寺で保管されています。

報恩寺
秀吉は数回に渡り本寺を訪れているが、ある日この寺に伝わる虎の絵の掛け軸を
聚楽第に持ち帰ったところ、その夜虎が鳴いて眠れなかったというので、今では
掛け軸だけではなく寺名にまで「鳴虎」の名がついているそうです。

報恩寺
この鳴き虎の掛け軸(複製)が展示されていました。
その他、織田信長や秀吉の肖像画の掛け軸もあり、
興味深く見させて頂きました。

報恩寺
また、黒田長政(大河ドラマの黒田官兵衛の長男)の最後(往生)の部屋
が実存しています。九州から上京の際、持病の発作で亡くなったそうですが、
これはとても他人事には思えませんねー。

報恩寺
お寺の伽藍は江戸時代に火災に合い、本堂や庫裏は再建されていません。
梵鐘は重文。現在では除夜にしかつかないとの説明書きがありました。

寺宝や史実から、天皇家や天下人との関係が窺がわれ、由緒ある
お寺であることがよくわかりました。

いろいろ新しい発見があって、初めてのお寺巡りは楽しいですねー。

テーマ:■京都を撮る■ - ジャンル:写真

  1. 2014/03/09(日) 11:17:03|
  2. 洛中
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<舞妓さんだっ! | ホーム | 北野天満宮 梅花祭その6>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://hohaka.blog73.fc2.com/tb.php/1123-a0de0a23
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

 ひおいん(hioing)

Author: ひおいん(hioing)
小学生の頃OLYMPUS PenでSL写真デビュー。今NikonD90&D800E&LeicaQに持ち替えて京都を始めとして日本の各地へ。時空旅行をしているみたいで楽しいです。季節感のある色や形を写真で紹介するブログです。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (10)
動物 (17)
洛東 (219)
洛中 (384)
洛南 (107)
洛西 (248)
洛北 (217)
ラグビー (2)
愛知・岐阜 (82)
奈良 (7)
滋賀 (11)
岡山 (48)
静岡 (20)
和菓子 (7)
長野 (6)
広島 (4)
香川 (3)
東京 (6)
神奈川 (4)

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード