FC2ブログ

京都時空旅行(Space-time travel photo in Kyoto)

地蔵院の紫陽花

地蔵院
散り椿と枝垂れ桜のコラボで有名なお寺ですが、
ちょっと覗いてみますと、紫陽花が鮮やかでした。


テーマ:花・植物 - ジャンル:写真

  1. 2019/07/21(日) 00:24:10|
  2. 京都 洛中
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

天得院 初夏の特別拝観 その2

天得院
西の庭にも。


テーマ:花・植物 - ジャンル:写真

  1. 2019/07/20(土) 00:00:40|
  2. 京都 洛南
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

天得院 初夏の特別拝観

天得院
南北朝時代の14世紀に東福寺の住持によって開創され、
東福寺五塔頭の一つとして興隆し、その後一時衰退するも
中興の祖、大機慧雄(だいきえゆう)により再興されました。

枯山水の庭は当時の面影を伝えています。


テーマ:花・植物 - ジャンル:写真

  1. 2019/07/19(金) 00:35:54|
  2. 京都 洛南
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

桔梗の庭 天得院

天得院
枯山水庭園の苔と桔梗

安土桃山時代の作庭と
伝わっています。

この時期、特別拝観中。


テーマ:花・植物 - ジャンル:写真

  1. 2019/07/18(木) 08:13:40|
  2. 京都 洛南
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

東福寺とアジサイ

東福寺
手前に紫陽花、背景に通天橋。

渓谷「洗玉澗」(せんぎょくかん)の
青もみじに梅雨の彩を添えていました。


テーマ:花・植物 - ジャンル:写真

  1. 2019/07/17(水) 02:26:44|
  2. 京都 洛南
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

東福寺塔頭 天得院

天得院
天得院住持だった「文英清韓」(ぶんえいせいかん)が、豊臣秀頼からの依頼で方広寺鐘銘を撰文しましたが、その中の「国家安康、君臣豊楽」の記述が徳川家を呪うものとして徳川家康の怒りを買い、天得院は取り壊されたそうです。実は、「黒衣の宰相」と呼ばれ、徳川の側近として権勢を欲しいままにした政僧「以心崇伝」の計略でして、鐘銘が大坂城を攻める口実にされてしまったということです。

以心崇伝はその後南禅寺塔頭金地院に住持したので、金地院崇伝と呼ばれることになりますが、当時の臨済宗は武士の政治の世界にまで深く関係していたのですねー。


テーマ:史跡・神社・仏閣 - ジャンル:写真

  1. 2019/07/16(火) 07:00:35|
  2. 京都 洛南
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

鈴虫寺 ご朱印

鈴虫寺
ご朱印

テーマ:史跡・神社・仏閣 - ジャンル:写真

  1. 2019/07/15(月) 12:02:55|
  2. 京都 洛西
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

鈴虫寺 その3

鈴虫寺
長い石段を上りきると、山門があって・・・


続きを読む
  1. 2019/07/13(土) 12:15:28|
  2. 京都 洛西
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

鈴虫寺 その2

鈴虫寺
この日の住職の法話は、「他不是吾」。
「他はこれ我にあらず」と読みます。


道元禅師(鎌倉時代の曹洞宗の禅僧)の「典座教訓」の中にあります。

道元が若い時分に中国で修行をしていた時の事。ある夏の日、一人の老いた僧がシイタケを日に干していました。なにぶん年寄りですから、杖にすがって、やっと立つのが精いっぱいの様子。頭には傘もかぶらず、額からは汗がしたたり落ちており、見るからに苦しそうなので、大変気の毒に思い、歳を聞くと68歳だと言う。なぜ下働きの男を使わないのかと聞いた時に、「他はこれ我にあらず」という答えが返ってきます。

他の人にしてもらったことは、自分がしたことにならない、というわけです。
「人の水を飲んで冷暖自知するがごとし」という言葉がありますが、水の冷たさはどんなに説明を尽くしても説明をすることができない。水を飲む人自らが知るのです。他はこれ我にあらず。

実はこの世の中、私も、いくつ歳を取っても経験していないことだらけです。それを誰かに教えてもらっても、本当に満足のいく回答になるでしょうか?他人の意見は所詮他人のもので、自らのものにはなり得ません。暗中模索しながらでも、試行錯誤しながらでも、自らがその解答を見つけなければ本当の回答にはなりません。

「他はこれ我にあらず」

所詮、私は私だけの私なのです。だからこそ私の経験が一番大切なのです。大切に生きていこう。

と述べられました。


続きを読む

テーマ:ある日の風景や景色 - ジャンル:写真

  1. 2019/07/12(金) 21:56:42|
  2. 京都 洛西
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

鈴虫寺

鈴虫寺
鈴虫寺(華厳禅寺)

かなり長い石段ですが、
人の行列が無い景色を
初めて見ました。

とても人気のあるお寺です。


テーマ:史跡・神社・仏閣 - ジャンル:写真

  1. 2019/07/10(水) 22:47:43|
  2. 京都 洛西
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
前のページ 次のページ

プロフィール

 ひおいん(hioing)

Author: ひおいん(hioing)
小学生の頃OLYMPUS PenでSL写真デビュー。今NikonD500&D800E&LeicaQに持ち替えて京都を始めとして日本の各地へ。時空旅行をしているみたいで楽しいです。季節感のある色や形を写真で紹介するブログです。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (13)
動物 (17)
京都 洛東 (288)
京都 洛中 (499)
京都 洛南 (165)
京都 洛西 (327)
京都 洛北 (245)
ラグビー (2)
愛知・岐阜 (100)
奈良 (7)
滋賀 (11)
岡山 (48)
静岡 (20)
和菓子 (7)
長野 (6)
広島 (4)
香川 (3)
東京 (7)
神奈川 (4)
三重 (4)

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード